• [diary] stage Log: 150516「幻想第四次の記憶 -銀河鐵道の夜-」

    前回のエントリー通り、少しずつ時を手繰って参ります。

    ということで、ようやく、ようやく、ようやく纏めます。
    5/16(土)、幻想第四次の記憶 -銀河鐵道の夜-の記録。

    当日の記録映像より。



    幻想フライヤー。


    ほんの少し長めに記そうかと思います。

    「幻想」、Asohgiは既に初演にて楽曲提供、2013年11月の再演では楽曲/音響を担いました。もっとも、それ以前から度々毬子ちゃんとライヴを重ねたり、shumaにはAsohgi作品のジャケットを手掛けてもらうなどしていました。
    縁あって、公私ともに深い交流のある三者です。が、今まで三者での何かをしたことはありませんでした。

    で、今回の流れ。
    そもそもは開催から半年ほど前、いや、遡ればそれ以上前から、shumaと音とライヴペンディングで何かやりたいねえという話をしていました。その機運が高まってきて、shumaから具体的なプランが来たことで、打合せを重ねて今回に至りました。
    演目の案も三者で話しつつ、一番回数を重ねていて舞台創りに長けているものになりました。

    結果はご覧の通り。なお新しい「幻想」でありました。

    前日、心斎橋アナムネさんでのミーティング時の一幕。


    当日、準備時の一幕と、物販購入の方へプレゼントした限定CD。


    shumaの即興はこれまでの本人が重ねてきた作品やライヴペンディングから更に一歩踏み出し、
    Asohgiはステージにおける過去最多の楽曲を繰り出し、
    毬子はますます観る者聴く者の心を揺さぶりました。

    shumaによる即興絵画。目の当たりにされた方が、終演時もじっくりとご覧になられてたのがとても印象的です。
    (その光景から、終演後に絵画のみ撮影OKとしたのでした)




    さて、二人がとっくのとうに纏めてくれていますので、こちらもぜひ御覧下さい。

    150525 shuma (facebook「幻想」イベントページより)
    https://www.facebook.com/events/1603070776646138/permalink/1622473871372495/
    150806 紅日毬子
    http://kaitenhyakume.com/akahimariko/?p=341

    後日、記録映像を確認しながら、また今まさに今回の事をしたためながら、何かが頭に浮かぶわけです。
    この三者でまた何か企むだろう事は明白で、さていつ何をどうやろうか、等々。
    そんな時が来る際には、またぜひお付き合い下さい。

    L→R: 紅日毬子, Asohgi, shuma


    お越し頂いた方、物販でお買い物された方、差し入れを下さった方。また来れずとも遠方各所より応援下さった方。
    快く協力して下さった関係者の皆さん。
    皆々様に今一度の感謝を。


    そして、shumaと毬子ちゃんに改めてのありがとうを。
    「どこまでも、どこまでも一緒に行こう。」