• [release] Asohgi / set for Kafuo show



    artist: Asohgi
    title: set for Kafuo show
    label: anecdote
    cat no: ANCDT-019
    media: CD-R
    price: 2,000yen(+tax)
    release date: 2014/11/24-29, 2015/02/22

    1. set for Kafuo show at vanilla mania 2012.11.29 (20:24)
    2. set for Kafuo show at vanilla gallery 2014.11.28 (26:56)


    去る2014年11月24日~29日、東京 銀座ヴァニラ画廊にて開催された赤江かふお個展「赤江かふおの世界」に合わせて制作、会場限定で販売されたCD。

    過去に行われた赤江かふおのショウのために制作された音源の数々から、特に好評を得たという2編を収録。ヴァニラマニア/ヴァニラ画廊でのショウ音源が選定され、期せずして本個展会場にも縁のある作品となった。

    音源はショウで披露されたものをそのまま収録。Asohgiの既発曲や未発表曲にかふお自身がショウ演目毎に用意したナレーションを交え、Asohgiのライヴセットにほど近い形で構成されている。盤面は個展に合わせて制作されたアーティスト写真を元にAsohgiが作成。最低限のクレジット表記・銀盤・シェルケース封入というごくシンプルな装丁。

    当初は個展期間のみの局地的かつ限定的なリリースを予定していたが、個展終了後よりしばしば今後の販売予定の問い合わせを受けていたため、この先の赤江かふお出演イベントと、anecdoteでの通販限定での継続リリースを決定。

    赤江かふおの活動を知る方には勿論、Asohgiを知る方にとっても、或いは新鮮に楽しんで頂ける作品かも知れない。

    ******


    昨年11月開催「赤江かふおの世界」にて限定販売の後、2月より通販やイベントでも販売を決定した作品。
    anecdote shop, 赤江かふお出演イベントにて発売中です。

    anecdote shop
    http://asohgi.cart.fc2.com/ca2/25/p-r-s/

    赤江かふお (@KAFUO)
    kafuo.net


  • [release] V.A. / UNNOISELESS NOISE COMPILATION 003 -NOISE BODIES-



    今年4月にリリースされた「人体から発生した音」を素材とした「人体ノイズ」コンピレーション。
    Asohgiが1曲、「b-3」という曲で参加しています。

    bandcampにて試聴・フリーダウンロードができます。
    ぜひお聴き下さい。

    ******



    『UNNOISELESS NOISE COMPILATION 003 -NOISE BODIES- / V.A.』(FREE DOWNLOAD)
     
    本作は、ノイズコンピ企画第三弾として一般公募により集まった「人体から発生した音」を素材として作られた「人体ノイズ」のコンピレーションアルバム。
    総勢38名それぞれの体から作られたノイズ/触れるという行為を収めたヴィデオ/体内を流れる血潮を写したジャケット/解剖学を元に作られたパッチを配信。

    (アルバムは下記のBandcampよりダウンロード可能)
    Free Download >>> https://unnoiseless.bandcamp.com/album/unnoiseless-noise-compilation-003-noise-bodies

    more »


  • [Live/stage] 5/16(土) at 心斎橋 LAMPOON 「幻想第四次の記憶」



    随分と久々の更新であり、久々のイベント告知です。
    既にtwitter等で少し前振りしていました、shuma Ishihara/紅日毬子/Asohgiの企画の詳細を公開!

    Asohgi視点で言えば、それぞれライヴやCDジャケ等で何度も共演はあったものの、三者の合同パフォーマンスは実は初めて。
    また、かねてより評判の高い紅日毬子の朗読劇、関西では初の本格的な公演となります。

    5月16日(土)、ぜひ今から予定に入れておいて下さい。

    ****************

    Modern Pop Pickles / anecdote / 天球儀の會 共同企画
    「幻想第四次の記憶 -銀河鐵道の夜-」


    讀む、描く、奏でる。一夜限りの物語。
    あの夜の話を、しやう。



    独自の表現を繰り広げるshuma Ishihara・紅日毬子・Asohgi。
    かねてより交流の深い三者の合体パフォーマンス、shumaの呼びかけにより大阪でいよいよ実現。
    一夜限りの物語を織り成す。

    紅日毬子の朗読を軸に、shumaのライヴペインティング、Asohgiの電子舞音が有機的に絡み合うライヴパフォーマンス。


    2012年6月、2013年11月に東京 パラボリカ・ビスにて行われた紅日毬子朗読劇「幻想第四次の記憶」
    宮沢賢治「銀河鐵道の夜」を紅日毬子の解釈と演出で披露した今作、今回は三者の共同企画として大阪は心斎橋にて行ないます。

    ********

    2015年5月16日(土)大阪 心斎橋 LAMPOON
    大阪市中央区西心斎橋2-18-18 4F TEL: 06-6213-9777
    https://www.facebook.com/lampoonosaka

    大阪市営地下鉄 四ツ橋線 四ツ橋駅より徒歩3分 / 御堂筋線 心斎橋駅より徒歩5分
    ファミリーマート アメ村西心斎橋店 向かいのビルの4F


    開場 19:00 / 開演 19:30
    (所要時間 約 60分強)

    料金 2,000円(+1drink)
    ※予約制などの設定は設けておりません。当日お気軽にお越し下さい。


    [出演]

    石原 朱麻(shuma Ishihara) (@shumaism)
    企画, 制作, イラストレーション, ライヴペインティング, 演出

    イラストレーション、ドローイング、ライヴペインティング等ジャンルに囚われず活動し、「天鵞絨の記憶」をテーマに主にペンで描く。
    2011年からはイベントポスター・フライヤーデザイン・CDジャケットのイラスト等を手掛ける。
    2009年 「Story」 初個展
    2011年 京都精華大学 芸術学部洋画卒業 / 「デディケイト トゥ シュヴァンクマイエル オマージュ展」参加


    紅日毬子(虚飾集団廻天百眼) (@akahimariko)
    制作, 主演, 朗読, 演出

    虚飾集団廻天百眼、俳優。
    舞台、映画、 絵画モデル、ダンスパフォーマーなどとして活動中。
    主な出演作品に、舞台『少女椿』みどり役、『花と蛇』桂子・リン役、『冥婚ゲシュタルト』ヤエコ役、『奴婢訓』かま猫役、など。

    http://www.kaitenhyakume.com

    Asohgi (@Asohgi)
    制作, 音楽, 演出

    Sound Crafter 小野寺 隼平 (Junpei Onodera) のソロユニット。京都を拠点に電子舞音/電子音響を創作。
    舞台音楽、リミックス、エンジニアリング等、他の表現者の作品にも多く関わる。
    レーベルanecdote (アネクドート)主宰。
    2013年8月 より鳥飼みやびとの電子舞楽ユニット・Aullo-gr [アウロ-グル]経始。
    2013年 フランスの電子音楽コンクール「Presque Rien 2013」入選。

    http://asohgi.poolibra.net

    [企画]
    石原 朱麻(shuma Ishihara)

    [制作]
    Modern Pop Pickles / anecdote / 天球儀の會


  • [diary] 2014-2015



    最後まで油断ならない、のっぴきならない慌ただしさを無事に通過、2014年を越えて今に至ります。

    昨年の活動としては、特にAullo-grとして初の作品リリースや活動ちょうど一周年でのライヴ、Asohgiとしての久々のEP完成や舞台参加など、様々な機会に恵まれました。
    また、個人レベルでの変化・進化が心身ともに劇的だった一年でもあります。
    一昨年末のエントリにちらっと書いてた、捨てにかかった枷はまだまだ捨て切れてませんが、その「質」は変化しているようです。

    きっと何も納まらず、また納める気もない、進化の過程で在り続けるような例年通りの塩梅。
    そんな中、様々な場面で出会い、お世話になった皆様に改めて感謝を。

    何処其処も雪の濃ゆい幕開けとなった2015年、現在進行中の企画や新しい企みが幾つかあり、何かと発信できるかと思います。
    発信の折にはぜひ、AsohgiとともにAsohgiを楽しんでもらえたらと思います。

    というわけで新年のご挨拶、ささやかながら、先ずは下記から始めたいと思います。
    今年もひとつ、何卒よしなに。

    【New Year MASSAGE (not a message) from Asohgi 2015】
    ※画面内スピーカーアイコンをクリックするとAsohgi「after having licked the tower’s blood」がループします。


  • [diary] stage Log: りくろあれ 1123 「ツキトコトリ。」 at studio baco

    11/23(日)、r.a.01_02「ツキトコトリ。」の記録。

    朝、新幹線からのとある光景


    more »